盗聴器・盗撮器
盗聴器・盗撮器

盗聴器・盗撮器


盗聴器

盗聴器とは電波を使う発信機のことを呼び、情報を得る為の機器のことです。
以前は探偵社・調査会社など一部の業者が情報を得るために使用していましたが、現在はインターネットや通信販売などで非常に低価格で販売されており、しかも小型化で高性能、免許や許可の必要もないので、誰もが簡単に購入できるようになっています。

盗聴器は大きく分けると「室内盗聴」と「電話盗聴」と2分類されます。
「室内盗聴」で使用される盗聴機器は、音声をマイクの付いた機器で拾い、その機器から電波を発信するタイプになります。
形状としては薄型のカード型や、コンセント、電卓、時計、ボールペン、パソコンのマウスなどに偽造されており、どこにでも設置が可能で、機器を仕掛ける小さいスペースのみ必要となります。

「電話盗聴」で使用される盗聴機器は電話回線上に設置するタイプで、各家庭の保安器内にあるヒューズなどに偽造され取り付けられています。
電話回線を流れる音声情報を盗み取り、ライン上であれば電話機からNTTの電線のどこにでも仕掛けられます。


盗撮器

最近では盗聴器を上回る勢いで普及しており、こちらも高性能で小型化が進んでいます。
カメラ部分は超小型CCDカメラを使用することが多く、直径1mmの穴さえあれば、どのような日用品にも仕掛けることができます。
盗撮されやすい場所はトイレや更衣室・ホテル・公園・車中・エスカレーターなどが多く、撮った映像をインターネットなどで営利目的で販売されているケースもあります。

盗撮器も現実問題として他人が入居者に気付かれることなく、住居内にカメラを仕掛けることはほとんど不可能だと思います。
特に盗撮器も場合は物陰に隠しても用をなす盗聴器と違い、カメラは隠しては写せません。
さらには電源を供給した上、盗聴の目的を果たせる位置に盗聴器を設置するのは至難の業です。
電池交換やテープの回収など仕掛けられた場所に出入り可能な人物が仕掛けたケースが多いようです。


盗聴器・盗撮器を発見したら

盗聴器・盗撮器は発見した場合は、慎重に対処しなければなりません。
単に盗聴器を取り外せばよいというものではなく、誰が何の目的で仕掛けたかまでを解決しないと根本的な解決にはなりません。

掛けられた場所に入ることが出来る人物が誰か、仕掛けられた盗聴器の性質、またどのような法律に抵触しているかなど調べ、証拠の保全に努めましょう。

盗聴器・盗撮器