盗聴・盗撮の現状
盗聴・盗撮の現状

盗聴・盗撮の現状


盗聴・盗撮器は、そのイメージから違法性の強いイメージですが、現在の日本国内の法律によると「販売、購入、設置」「盗聴波の傍受」だけでは、罪に問う事はできないのです。
すなわち、自分が何者かに盗聴・盗撮されていると思って警察に行っても、それだけでは警察は動きません。

しかしながら、盗聴器を設置するために無断で家や敷地に侵入すると「住居不法侵入」盗聴した内容を第三者に漏らすと「電波法」、盗聴によって知り得た情報をもとに脅したりすれば「恐喝」、つきまとえば「ストーカー規制法」等の法律に違反し、処罰の対象にはなるでしょう。

但し、実際にこれらを立証するには、かなり困難な事とされています。
盗聴器が仕掛けられていても、現行の法律では泣き寝入りするしかないといえます。
現在、日本国内において「盗聴・盗撮産業」は20億円産業と言われ、国内だけで年間50万台以上が販売されているとされています。
ところが、年間50万台の「盗聴・盗撮器」が販売されているのに対し、その発見率は極めて低い現状にあり、発見されていない盗聴器は会話等を垂れ流しにしているのです。

盗聴・盗撮器はほんの10数年前までは極めて特殊なもので一般の人とは、全く無関係な物とされていましたが、ここ数年でその現状は一変し、誰もが自由自在に購入可能な一般的な物となってしまった為、目的もなくいたずら感覚で設置したりする人も増加しているようです。

特に狙われているターゲットは「女性の一人暮らし」です。
犯人も意外と身近な人物である事が多く、現在の彼氏や元彼氏や友人と、大半の方は心当たりがあるようです。
盗聴・盗撮には、ボールペン、置き時計やぬいぐるみ、家庭用電源に差し込むだけのソケット型や電話のモジュラーなど一般家庭内にある物に見せかけてある物など多種多様です。
外見ではほとんど判別できないほど精巧に出来た盗聴器も数多くでまわっています。
設置方法も簡単で3〜4分程度あれば設置できてしまうものがほとんどのようです。

盗聴・盗撮されているのでは・・・と不安に感じたり、第三者の存在が気になるようでしたら、調査をおすすめ致します!

盗聴器・盗撮器
盗聴・盗撮危険度チェック
パターン別設置目的
仕掛けられる場所
急増中の相談例
発見業者を選ぶ
自己防衛法
盗聴・盗撮の現状